HOME>Column>霊園を選ぶポイントを押さえて適した場所を見つけよう

霊園を選ぶポイントを押さえて適した場所を見つけよう

墓

永代供養を行なってくれる霊園

現代社会は昔とは様々な面で異なってきていますが、葬儀の形式やお墓などに関することも例外ではありません。葬儀の簡素化はすでに一般的なこととして受け止められていますし、お墓も昔のようにお寺のお墓に埋葬するという方法だけではなくなってきました。核家族化もその要因となっているようですが、残された家族に迷惑をかけないようにといった理由だけではなく、後々までお墓を守ってくれる人がいないという切実な理由を持つ人も少なくありません。そんな人にとっての朗報が永代供養で、さらに最近は永代供養を行っている寺院なども多くなっています。永代供養とは、文字通り永代に渡ってお寺などが供養をしてくれることで、身内がいなくなった場合でも供養をしてもらえないという心配がなくなります。東京は国内でも特にお墓が不足しているとも言われていますが、多摩などの西部にはある程度の余裕も見られます。霊園イコールお墓というイメージですが、多摩など郊外の霊園では永代供養をしてくれるところも増えているので、希望があれば検討する範囲に入れることは可能でしょう。

女性

霊園を選ぶポイント

人が亡くなりその遺骨を納める場合には、以前であればお寺のお墓に埋葬というのが当然のことでした。しかし、最近は菩提寺を持たない人も多く、お墓を持つ場合でもお寺ではなく霊園のお墓を購入するという人のほうが多いようです。霊園選びは短時間でできるものではなく、下見以前からその情報収取には時間をかけて行うことが望まれます。1度契約してしまうと、後になって後悔しても遅いということにもなるからです。霊園を選ぶ際、まず最初に行きやすい場所にあるかどうかという点が重要でしょう。お墓を建立したけれど不便なところにあるためなかなか行かれないというのでは意味がありません。そして、その霊園の管理状態も把握しておく必要があります。管理が行き届いているかという点に加えて、バリアフリーや休憩所の有無など訪れたときに必要な要素の確認も行いましょう。都市部のお墓は、面積があまり広くないところもありますが、東京でも多摩地域など郊外になると比較的広く、また緑が多いところも多いようです。東京の郊外とはいえ交通アクセスは決して悪くはないので、その点でも選択肢のひとつとなるようです。